本文へスキップ


電話でのお問い合わせはTEL.025-382-0888

〒950-0121 新潟市江南区亀田向陽3-15-18

診療 保険診療


粉瘤(ふんりゅう)


        


いわゆる「良性の皮膚腫瘍」です。
よくある皮膚病で、皮膚の下のシコリで気が付きます。

体中どこの皮膚でも出て、徐々に大きくなります。
化膿しやすいため、痛くなって皮膚科を受診する方が多いようです。

化膿している場合は、抗生剤の飲み薬で菌を退治します。
必要な場合は、切開をして中に溜まった膿を出します。
ただ、切開はだいぶ痛みを伴い、切った傷が塞がるのに2週間以上かかり、その間お風呂で水に濡らすことができませんので、患者さんにとっては非常に負担になります。
切開は確実な方法ですが、飲み薬だけでもよくなる患者さんもいます。

化膿していない場合はなにもせずに放置するか、希望がある場合は手術で摘出します。
傷アトが残りますので顔や首などの人の目に見える所では、大きなアトが残るような完全摘出をせずに、アトが小さくて済むように、内容物のみ出して一時的にシコリを小さくするという方法もあります(この場合は再びシコリが大きくなる可能性もあります)












亀田皮フ科  駐車場30台ビルダークリニック

〒950-0121
新潟市江南区亀田向陽3-15-18
TEL 025-382-0888